アンシャン=レジーム(旧体制) Ancien Régime

アンシャン=レジーム(旧体制) Ancien Régime

アンシャン=レジーム(旧体制)とは、革命前のフランスの政治・社会体制のことで国王を頂点とした封建的身分制度が維持されていた。しかし、1789年のフランス革命において市民が打倒した。フランス語で旧体制を意味する。聖職者(第一身分)と貴族(第二身分)が重要な官職と富を独占し、平民(第三身分)を圧迫していた。やがたて市民階層が経済的に成長し、社会の実態と合わない古い土地制度や身分制度(参政権、課税法)に不満が集中し、絶対王政が揺らぐこととなる。

アンシャン=レジーム

アンシャン=レジーム