『統治二論』ジョン・ロック

『統治二論』

『統治二論』(『統治論』『市民政府二論』)は、イギリスの哲学者・政治学者ジョン・ロックの主著で1690年の刊行された。ロックの政治哲学について書かれている。正確には、『統治についての二論文』という題名。1688年の名誉革命を推進した市民の思想を理論化したもので、フィルマーの王権神授説を批判して、人民主権に基づく社会契約説が説かれる。

ジョン・ロック 政治・哲学

ジョン・ロック 政治・哲学